2013年10月30日

MMC製 Bovis the supply specialist

録り溜めてたダンガンロンパ観ようと思ったら1話と最終話だけ録れてなかった。
こんばんわダイキチです。

前回の予告どおり「Bovis the supply specialist」を紹介。本来こういう合体モノは全部揃ってからレビューしたいのですがコレの場合全部揃うまであと何年掛かるかわからないのでw
では簡単にですが行ってみましょー。

パッケージ
タントラム.JPG
タントラム (1).JPG

更にマグネットで開くようになっております。箱捨てれないよ!
タントラム (2).JPG

付属物
タントラム (3).JPG
説明書兼コミックとプロフィールカードが付属。

タントラム (4).JPG
コミックは結構力が入ってる感じです。

アニマルモード
タントラム (5).JPG
G1タントラムと同じくバッファロー。サードパーティー品ならではのディティールの細かさと密度が凄いです。

3面
タントラム (6).JPG
タントラム (7).JPG
タントラム (8).JPG
カラーリングは概ねG1を踏襲。

顔アップ
タントラム (9).JPG
多少のアレンジは加えられているモノのこちらもほどG1風。

タントラム (10).JPG
口が開閉可能。
ただし変形の都合上あまり開け過ぎるとロボット顔がコンニチワw

可動
タントラム (11).JPG
G1はただの置物状態でしたがコチラは四肢がフレキシブルに可動。ただボールジョイント接続で本体の重さも相当な物なのでヘタレがちょっと怖いです。

あと写真撮り終ってから気が付きましたがアニマルモードでは首を引き出して可動させる事も出来ます。表情付けなどに便利。

武装
タントラム (12).JPG
武装はG1と同じくプレダキング時の足パーツを背負えます。足自体もカナリ大きいので凄い迫力!

大きさ
タントラム (13).JPG
平均的なデラックスであるロディマスと。アニマルと車なので比較になるかわかりませんが大体ボイジャーよりちょっと大きいくらいです。

トランスフォーム!
・・・ですが変形途中の写真を撮り忘れたりw
変形は四肢を伸ばして立たせる王道的な変形ですがそれなりの難易度、そして何よりサードパーティー特有のタイトさが殆どなく正規品に近い感覚で変形させることが出来ます。

ロボットモード(3面)
タントラム (14).JPG
タントラム (15).JPG
タントラム (16).JPG
コチラもアレンジが加えられているものの概ねG1版を踏襲。ガッシリとしていながらスタイルの破綻もなく非常にカッコイイです。

顔アップ
タントラム (17).JPG
いかついお顔。目はクリアレッドで塗装されています。

大きさ比較
タントラム (18).JPG
ボイジャーより頭一つ分くらい大きいです。

可動
タントラム (19).JPG
動いて欲しい部分は一通り動いてくれるので満足。足首もボールジョイント接続なのでポーズの幅が広がります。

武装
タントラム (20).JPG
ダガー×2
本体に対して少し小ぶりな気もしますが造詣も細かくカッコイイ。
固体差かはわかりませんがちょっと持たせにくいのが難点。

タントラム (21).JPG
カービン銃×2
コチラも造詣が細かく良い感じ。G1タントラムが持っていたのがカービン銃だったのでそこに因んでいると思われます。

メガランチャー
タントラム (22).JPG
G1では余剰になってしまっていた足パーツを武器として持たせる事も出来ます。大迫力。

タントラム (23).JPG
更にロボット時は背中に背負わせ実質余剰パーツをゼロにすることが出来ます。ただこの場合重心がちょっと後ろになってしまうので立たせるのに若干のコツが要ります。

フル装備
タントラム (24).JPG
ボリュームが半端無い!

合体モード
さて、今回は一気に合体モードまで紹介。
タントラム (25).JPG
タントラム (26).JPG
足パーツの内部に拳パーツが内蔵されております。ここにも余剰パーツを無くす努力がされておりグッド。

合体モード
タントラム (27).JPG
各所がカチっとロックされるので安定性も抜群。ただ足首がボールジョイント接続なのであの巨体を支えられるのかちょっと不安ですが。

大きさ
タントラム (28).JPG
足(膝下)だけでデラックスより大きいです。正直揃えるのが怖くなってきたw

G1タントラムと
タントラム (29).JPG
アニマル

タントラム (30).JPG
ロボット

タントラム (31).JPG
合体モード

G1も好きですがやっぱり比べると見劣りしてしまいますね。



タントラム (32).JPG
以上、Bovis the supply specialistでしたー。MMC社製の商品は細かいパーツが多く破損に注意というのを聞いていたのですが今回特にそんな部分は無く、正規品と同じ感覚で取り扱えるので安心しました。MMCは発売ペースが恐ろしく遅いので揃うのがいつになるかわかりませんが気長に集めていくとします。

では今日はこの辺でノシ


posted by ダイキチ/撒き餌 at 20:12| Comment(0) | TF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。